心象新参館~ballet doll

Home > 2014年01月04日

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.04 Sat ラスト花ワル。

P1030740_NEW_convert_20140103234329.jpg


P1030742_NEW_convert_20140103234110.jpg


P1030748_NEW_convert_20140103234356.jpg

P1030744_NEW_convert_20140103234220.jpg

P1030750_NEW_convert_20140103234305.jpg

「創作人形50人展」に出品する人形が出揃いました。
最後までじたばた苦しんでましたけど(風邪込み)なんとか間に合いました。
ホッと一息。
階下に下りていくと、母がCDかけてました。
ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」
天から数え切れない無数の蝶々がひらひらと、天使を伴って下りてくるような旋律に芯まで恍惚としてしまう。
一瞬で過去になる美しく鮮明なピアノの音もそこにずっと留まって映像となってアルバムにしっかり納まる。
涙が全身から吹き出る感じ・・・・・・・--;
そんなラフマニノフは子供の頃からセンチメンタル乙女(おいら)には必需品でした。
特に誰でも好きなピアノ協奏曲の2番はほんと心が透き通ってまっさらになるからこの上なく陶酔。

ああ素晴らしい~~~~~~~;;

そしてワインを飲みながら正月の一番の楽しみ。
「ニューイヤーオペラコンサート」をテレビで見る。
なかなか魂に響いてくる歌手がいないなあと思ってたら、
藤村実穂子さんって!すごい!
たしかこの方、そうたしか何年か前も出てて「サムソンとデリラ」を歌った人じゃないかな;;
その時も身体中が全て耳になったくらい感動したから
一回しか聞いた事ないけど間違いないと確信がもてるくらい素晴らしい!!!
もう息もできないくらい(自分の息使いも邪魔;)おおらかでふくよかで情感豊かな歌声だった~^^
オペラ歌手の方に詳しくないので、間違ってるかもしれんそんときゃ陳謝;;;--;

去年は大阪のフェスティバルホールの杮落とし「フェニーチェ歌劇場のガラ」を見に行ったけど
その選曲の悪さと歌手の地味さ(指揮者も)でなんとな~く寂しい感じだったし、ちょっとガッカリしたなあ。
ハデにぶちかましてくれると思ってたガラだったから残念で仕方なかったわ。
ネトレプコみたいなハデさを期待してたわけじゃないけど、あれはなんつうか市民会館の杮落としくらいの感じかなあ;


と、いうわけで

本年もよろしくお願いいたします~~~


P1030762_NEW_convert_20140103234447.jpg

P1030764_NEW_convert_20140103234510.jpg

どうやってもうまく撮れない「花ワル」ですがな;


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。